Christie ヴィヴ・オーディオChristie VIVE AUDIO

ヴィヴ・オーディオ画像

近年、映画業界では、Dolby® Atmos™やAuro 11.1など新たなイマーシブ・オーディオ・フォーマット(立体音響)が登場し、スクリーンの大画面化や4Dなどと共に、映画館ならではの没入感・臨場感を極限まで追求する機運が高まっています。このようなトレンドの中、世界で最も革新的なビジュアル・テクノロジー・メーカーの1社であるChristieは、デジタルシネマに特化したオーディオ・ソリューションを新たに開発しました。それが、Christie ヴィヴ・オーディオです。

Christie ヴィヴ・オーディオ – シネマ・スピーカー

ヴィヴ・オーディオ – シネマ・スピーカー画像リボン・ドライバー技術とライン・アレイ構造の画期的な組合せ

Christie ヴィヴ・オーディオのコアをなすのは、優れた音質の『リボン・ドライバー・テクノロジー』とパフォーマンスに定評のある『ライン・アレイ・スピーカー・デザイン』との画期的な組み合わせです。
バラエティに富んだスクリーン・チャンネルとサラウンド・スピーカー、及びサブウーファーで構成されるChristie ヴィヴ・オーディオのシネマ・スピーカー・ソリューションは、Dolby® Atmos™などに代表されるイマーシブ・オーディオ・フォーマットを忠実に再生する理想的なプラットホームを提供する他、5.1chや7.1chなどトラディショナルなマルチ・チャンネル・フォーマットの再生においても、その優れた音響品質で観客を圧倒します。

Christie ヴィヴ・オーディオの特長

1. ライン・アレイ・スピーカー・デザイン[※1]

高音域・中音域に、ラインアレイ構造を採用。音の指向性を高め、不要な音の拡散を最小限に抑えることで、客席の前方から後方まで、均一レベルの音を届けることが可能です。

2. リボン・ドライバー・テクノロジー[※2]

高音域のスピーカーにリボン・ドライバーを採用。ハイエンド・オーディオでの実績には定評があるものの、耐久性やコスト面から、シネマ用での使用が難しかったリボン・ドライバー方式を、新素材の採用により実現。伸びやかで繊細な高音域の再生を可能にすると共に、従来にない広がりを持った音のスイートスポットを実現しました。

3. パーフェクトなティンバー・マッチング[※3/※4]

スクリーン・チャンネル・スピーカーだけでなく、サラウンド・スピーカーにも、リボンドライバーを採用。どのスピーカーでも音質・音色(ティンバー)が変わらないので、前後方向などの音像移動に一体感のある自然な効果を出します。これこそが、Dolby® Atmos™などに代表されるイマーシブ・オーディオ・フォーマットを忠実に再生する理想的なプラットホームである所以です。

  • ライン・アレイ構造[※1]複数のドライバー・ユニットが縦一列に弧を描くように配列されたライン・アレイ構造
  • リボン・ドライバー[※2]耐熱性の高いKapton®を採用したリボン・ドライバー
  • リボン・ドライバー[※3]シーリング・サラウンド・スピーカー。スクリーン・チャンネルと同じリボン・ドライバーを採用
  • ウォール・サラウンド・スピーカー[※4]ウォール・サラウンド・スピーカー(右はベース・マネージメント用サブ・ウーファー)

テーマパークやプラネタリウムなどでも・・・

プラネタリウム

Christie ヴィヴ・オーディオは、デジタルシネマ以外のアプリケーションにおいても、そのポテンシャルを如何なく発揮します。
マルチチャンネルの音響設計が行われることが多いテーマパークのシアター式アトラクションやプラネタリウムなどのドーム型構造の施設など、効率良い指向特性を持つChristie ヴィヴ・オーディオであれば、スピーカー同士の干渉を抑えた狙いどおりの音響効果の実現や、音の反響を抑制したより快適な音空間の提供が可能です。