代表挨拶MESSAGE

当社は、映画館における劇場環境の設計、上映・音響機器の販売・設置を中心に行っている商社機能を保有した施工・技術サービス会社です。従来は、フィルム映写機により映画の上映が行われておりましたが、現在ではデジタルプロジェクターを用いてのデジタル上映となり、当社のメインの御客様である映画館自体の運営も多角化してまいりました。

デジタル上映となった今、映画館における映画以外の様々なコンテンツを上映することが非常に簡単となり、コンサートや演劇、また、ライブでの同時中継の上映など映画館の活用領域が格段に拡大しました。また、3D上映や立体音響、4Dシステム、音響体感シートなども導入され、映画館はよりエンターテインメント性が高まっております。また、ダイナミックな音響を楽しんだり、映画館で場面に合わせ声を上げる応援上映なども登場しました。結果、当社では、御客様の御期待に添えるべく、上映機材以外にも映画館の付加価値を高める様々な製品を取り扱うようになりました。

また、上映サポートとして、当社では、2011年よりネットワーク・オペレーション・センター(NOC)を東京本社に開設し、機器の遠隔監視や外部からのソフトウエア・バージョンアップ等を行っております。合わせて24時間対応のコールセンターを開設し、御客様のニーズに迅速に対応できるよう努力しております。最近では、当社のNOC・コールセンターを映画館以外の御客様にも御利用頂くようになりました。今後は、サポート機能を拡大し、映画館運営の省人化にも対応できるようにしていきます。

また、デジタルシネマで培ってきたデジタル映像技術を活用し、他の分野での展開も本格的に開始しました。大型LEDビジョンのショッピングモールへの設置やARディスプレイ、VRライドなど映画市場以外での実績も上がってきております。他の分野においても、機器の販売・設置だけでは無く、御客様の御要望に応じ、メンテナンスサービスや上映コンテンツの提供も行い、トータル・ソリューションでの対応を行っております。

2017年4月3日にウシオグループにおけるエンターテインメント事業の強化を目的に「ウシオエンターテインメントホールディングス株式会社」が設立され、当社及び照明分野での演出を得意とする「ウシオライティング(株)」が新会社の傘下に入ることになりました。今後は両社がより一層協力し「照明・映像・音響」を中心とした総合的なソリューションを御客様に提供していきます。

テクノロジーの進歩は非常に速く、その中で御客様に役立つ情報を少しでも多く発信すべく、日夜努力を続けてまいりますので、今後とも皆様の御支援を賜りますよう宜しく御願い申し上げます。

代表取締役社長傳法谷 彰計